S&B magazine

シンプルとベーシックな生き方の考察。

コーヒー好きが選ぶおすすめカフェ①〜チェーン系カフェ編〜

こんにちは。コーヒー好きが高じて現在カフェで働いている私ですが、今住んでいる東京にはたくさんのカフェがあります。チェーンのお店から個人経営のお店まで、それぞれコーヒーの味やコンセプトが違ったりして行くたびに新たな発見があって楽しいです。そこで東京に住み始めてから現在まで行った中で私のおすすめのカフェを定期的にお伝えしていきたいと思います。まず第一弾は全国展開もしているチェーン系のお店からどうぞ。

1.スターバックス

f:id:atk822:20180624120653j:plain

www.starbucks.co.jp


まずは誰もが知っているスターバックスから。私も一番利用しているかもしれないです。利用しているとやはり老若男女に愛されている理由があるなと感じます。

スタバの良いところ
・ドリンクのカスタムができる
・期間限定で様々なドリンクがある
・コンセプトストアなどおしゃれなお店が多い
・wi-fiが利用できる
・店員さんが親切
・コーヒーのセミナーなども行なっている

スタバのもうちょっとなところ
・都内の店舗だと大体混んでいる
・混んでいるとwi-fiも繋がりにくい
・エスプレッソマシンが全自動

2.タリーズ

www.tullys.co.jp


こちらも外資系チェーン。タリーズも比較的行くカフェです。スタバと似ているところもありますが、タリーズ独自の良さも好きです。

タリーズの良いところ
・スタバに比べると空いている店舗が多い
・エスプレッソマシンが手動式なので本格的なラテが飲める
・個人的にハニーミルクラテが好き
・フードが充実している
・wi-fiが利用できる

タリーズのもうちょっとなところ
・one more コーヒーが同じお店でないと使えない

3.ベローチェ

chatnoir-company.com


地方より都内に多いイメージのベローチェ。スタバやタリーズのような目立つ存在ではないかもしれませんが、素朴さが◎。

ベローチェの良いところ
・空いている
・価格が安い
・安いのにラテは全自動マシンではあるがミルクのスチームをしてくれる
・ホットドックが美味しい

ベローチェのもうちょっとなところ
・wi-fiが使える店舗が限られる
・ペストリーが少ない

まとめ

いかかでしたか?私が実際によく行くカフェのおすすめポイントでした。その時の状況によって行くカフェは変えていますが、チェーン系のカフェで利用するのはほとんどがブログを書いたり、勉強したりの目的で使うことが多いです。周りのお客さんも同じように利用していることが多いので長時間居ても気にならないですしね。ただし、お店によってはガヤガヤしていることもあるのでイヤホンの持参は必須です。最近のカフェは大体wi-fiも使えるし、独自のポイントサービスなども導入しているのでよく利用する人に優しいなと感じます。みなさんも今日の記事を参考に、お気に入りのカフェを見つけてみてくださいね。ではまた〜。