S&B magazine

シンプルとベーシックな生き方の考察。

ワーホリに行くにあたって決めた3つの大事なこと。

昨日は私の新たな決意について書きましたが、今日はワーホリに行くにあたって決めた3つの大事なことについてです。
最後のチャンスのワーホリなので、色々と慎重になりますが、笑。でも自分が楽しめるために事前準備とリサーチはしっかりしていきます。
同じようにワーホリを考えている方にも参考になれば嬉しいです。

どこの国に行く?

f:id:atk822:20180322142835j:plain

ワーホリで滞在できる国は現在18カ国もあります。私の今回のワーホリの目的は、英語の習得とローカルのカフェで働くことです。なので、必然的に英語圏の国にまず絞られます。英語圏の国は、カナダ・オーストラリア・イギリス・アイルランド・ニュージーランドの5カ国。次に、ローカルのカフェで働くということを考えると、カフェ文化が盛んな地域がある国を選択していきます。参考にしたのはこちらの二つのサイト。

www.bbc.com
edition.cnn.com

海外のサイトのためすべての内容は分かりませんが、アメリカとイギリスの有名なサイトでどちらにも名前が挙がっていたワーホリ対象の地域が、「オーストラリア・メルボルン」でした。メルボルン、コーヒーなどで検索してみると確かにたくさんの情報が。日本人でも活躍しているバリスタもたくさんいるようです。
メルボルンは世界一住みやすい都市に6年連続で選ばれてもいるようで、もうますます気になって仕方がありません。東京もそうですが、カフェ文化が発達している地域ってそれに付随して楽しい場所がたくさんあるイメージなので、きっとメルボルンもそうに違いない!という私の感を頼りに、目的地はオーストラリアのメルボルンに決定です。

いつ出発する?

f:id:atk822:20180322143145j:plain


この出発する時期によって、貯金の目標額の貯めるペースやビザの申請の時期など色々大切なことが関わってくるので、次にこの出発時期を目安で決めました。オーストラリアのビザの申請条件は、申請日に18歳以上で31歳になっていない事。実際に手続きしてからビザが発給されるまでは長い場合で2ヶ月ほどかかるとの情報が。私の31歳の誕生日は今年の8月なので、余裕を持って5月中には手続きを開始したいところです。ビザが発給されてから1年以内には入国しないといけないので、おおよそ2019年6月〜8月あたりには出発予定でいきたいと思います。

貯金額はいくらにする?

f:id:atk822:20180322142653j:plain

この貯金額に関しては、仕事がすぐ現地で出来る状況なのか、住む場所はどうするのか、学校は行くのかによってもだいぶ金額は変わってくるかと思いますが、多いに越したことはないでしょう。ちなみに現地で語学学校は行かない予定です。なるべく日本にいる間に語学力をある程度身につけ、住む場所もルームシェアが理想です。ただ、私は恥ずかしながら貯金が現在ほぼない状況でのスタートなので、まずは100万円を目標にしたいと思います。正社員も辞めて、都内で生活しながらの貯金なのでなかなか大変だろうと思われますが、頑張ります、、、。

まとめ

大事な3つのことが決まったので、あとはそれに向かって行動するのみです!忙しくなりそうですが、目標があれば頑張れそうな気がします。経験者の方や同じ目標がある方など、何かご意見あればお気軽にコメントくださいね。
次回はワーホリに向けて、日本にいる間の仕事選びについて書きたいと思います。
ではまた〜